デトランスα手足用の塩化アルミニウム濃度|こんな人には危険!

デトランスα手足用の塩化アルミニウム濃度|こんな人には危険!

 



 

デトランスα手足用に塩化アルミニウムはどれくらい入っているの?
効果はどれだけあるの?と気になっている方がいらっしゃると思います。
ですので今回はデトランスα手足用の塩化アルミニウム濃度を調べてみました。

 

多汗症の治療には20%のものを多く使う

 

デトランスαに含まれている塩化アルミニウムは多汗症の治療でも使われており、濃度が20%の塩化アルミニウム水溶液が処方されることが多いようです。
もちろん塗る部位や症状の程度によって濃度は変わってきますが、
大体15%から25%程度の濃度で処方されています。

 

デトランスα手足用は25%

 

デトランスα手足用の塩化アルミニウムは25%の濃度になっています。
デトランスαは日本では作られていなく海外で作られたものを輸入して日本で販売されているので、
濃度が高めになっています。
ですので病院で保証されているものと同程度の強力な制汗効果があります。

 

 

敏感肌や肌が弱い人はダメ

 

 

デトランスαは塩化アルミニウムの濃度を見てもらえばわかると思いますが、
制汗効果が強力になっています。ですが
その分肌への負担も大きくなっていて、敏感肌や肌が弱い人が使うとかゆみや肌荒れなどが起きてしまいます。
ですので多少肌が荒れてもかまわない、とにかく汗を止めたいという人以外にはおすすめできない制汗剤です。

 

手汗・足汗をとにかく抑えたい人にはおすすめ

 

 

今まで色々な制汗剤を試してみたけど、どれも効かない。
子供の時からひどい手汗で悩んできた。
足の汗やにおいをなんとかして抑えたい

こんな人にはデトランスαの手足用はとてもおすすめです。

 

デトランスαは通販や市販で販売されてる制汗剤の中でもトップクラスで制汗効果が強いです。
ですので他の制汗剤を使っても治らなかった、
手汗・足汗で人生でずっと悩んできた多くの人が効果を実感しています。

 

【おすすめ記事】
⇒【特典付き】デトランスα手汗用を楽天・amazonより100%お得に購入する方法