デトランスα手汗用の効果がなくなる?|原因と3つの対処法とは?

デトランスα手汗用の効果がなくなる?|原因と3つの対処法とは?

 

 

あなたはデトランスα手汗用をしばらく使い続けていたら効果がなくなった。
効かなくなったと悩んでいませんか?
今まで効いていた制汗剤が急に効かなくなったら困ってしまいますよね。
ですので
今回はデトランスα手足用の効果がなくなる原因と対処法について紹介します。 

 

デトランスαが効かなくなった原因とは

 

デトランスα手汗用には塩化アルミニウムという制汗成分が多く含まれていて、
その制汗成分に体が慣れてしまったことが原因の一つとして挙げられます。

 

薬を使用し続けているとその薬に耐性がつき、以前より効かなくなってしまったという話を
一度ぐらいは聞いたことはあると思いますが、

 

それと同じようにデトランスα手汗用にも同じような現象が起こることがあります。

 

デトランスαに含まれている塩化アルミニウムは汗腺にふたをして手汗を止めてくれますが、
体に耐性がついてきて塩化アルミニウムのふたを作る作用が弱まってくることで
汗がまた出てきてしまったりします。

 

効かなくなったときの対処法

 

 

もしデトランスα手汗用を使い続けていて効かなくなってしまったという人は
次の対処法を試してみてください

 

デトランスαを使う頻度を減らしてみる

デトランスαを使いすぎて体に耐性がついてしまうことが原因なので
その場合はまず使う頻度を減らしてみることをおすすめします。

 

デトランスαを使う頻度を減らすことで体の慣れが収まって、
効果をまた実感できるようになる可能性があるからです。

 

ですのでまずは使う回数を減らしてみて、体を休ませてみてみてください。

 

正しい使い方を守る

デトランスαの正しい使い方を一度しっかり守ってみることをおすすめします。

 

外出する前に塗ってしまっているという人もいらっしゃると思いますが、
実はデトランスαは朝や昼に塗るものではなくて、夜寝る前に使うのが一番効果を発揮することができます。

 

理由としては夜寝ているときは汗腺の活動が穏やかになっていて、塩化アルミニウムがより浸透しやすくなるからです。
ですのでもし朝や昼出かける前に塗っているという方は一度夜に塗るようにしてみることをおすすめします。

 

【より詳しく知りたい方はコチラ!】
⇒デトランスα手足用の使い方|これを知れば副作用が抑えられる!?

 

塩化アルミニウム不使用の制汗剤を使う

上の二つの方法を試してみてもデトランスαの効き目がなくなっている場合、
塩化アルミニウムに耐性がついてしまっている可能性があります。

 

そこでおすすめしたいので塩化アルミニウム不使用の制汗剤を使うことです。
塩化アルミニウム不使用の制汗剤なら他の制汗成分が含まれていて、
その成分で汗をカバーすることができます。

 

塩化アルミニウム不使用のテサラン



 

テサランには塩化アルミニウムが含まれていなく、
代わりにクロルヒドロキシアルミニウムという制汗成分が含まれており、
この成分も汗をしっかりシャットアウトしてくれます。

 

さらにテサランは楽天・Amazon・ヤフーのランキングでも1位を獲得している
大人気の制汗剤です。

 

テサランは公式サイトから購入すると全額返金保証もついてくるので
合わなかった場合は商品の代金を丸々返金してもらえます。