デトランスα手足用のかゆみ・かぶれの対処法|今すぐできる3つの対策

デトランスα手足用のかゆみ・かぶれの対処法|今すぐできる3つの対策とは!?

 

 

 

 

デトランスα手足用を実際に使ってみたけど
かゆみ・かぶれが起きちゃった
デトランスαはやっぱり使わないほうがいい?と悩んでいる方がいらっしゃると思います。

 

ですので今回はデトランスαを使ってかゆみ・かぶれが起きてしまったときの対処法を紹介します。
最後まで読むことで安心して使うことができるのでぜひ気を付けてみてください

 

デトランスα手足用のかゆみ・かぶれの対処法

デトランスαを使ってかゆくなった、かぶれてしまったときの対処法はいくつかあるので
一つづつ詳しく説明していきます。

 

デトランスαの使い方をしっかり守る

デトランスαには他の制汗剤と違っていて、この画像のように塗ることがすすめられています。

 

 

デトランスα手足用のかゆみ・かぶれの対処法|今すぐできる3つの対策

 

デトランスαは制汗効果が強い分、肌への刺激が強いので基本夜に塗って、朝にしっかりとふき取らないと
かゆみやかぶれの原因になってしまいます。
ですのでまずはしっかりと正しい使い方ができているかチェックしてみましょう。

 

より詳しい解説はコチラ!
⇒デトランスα手足用の使い方|これを知れば副作用が抑えられる!?

 

絶対に塗りすぎない

デトランスα手足用はローションタイプでついつい出しすぎてしまうかもしれませんが、
量としては手にちょうど広がるぐらいの量で十分です。

 

人によって違うと思いますが、1円玉ぐらいの量を何度か分けて塗ることで、
副作用を抑えつつ効果を実感できます。

 

量を増やしてもデトランスαは制汗効果が変わらなく、かえってかゆみや肌荒れなどの原因になるので、
あくまでも塗りすぎないことをおすすめします。

 

脱毛した後や傷口には塗らない

デトランスαを脇に塗るときなどに注意してほしいのが脱毛した後は最低2日間は塗らないように注意してください。
脱毛した後はどうしても目には見えないですが、細かい傷ができてしまいます。
デトランスαを傷口に塗ってしまうと普段よりかゆみやかぶれが多く出てしまう可能性があります。
ですので皮膚がある程度回復するまでの期間は塗らないことをおすすめします。

 

 

それでもかゆみ、かぶれが出てしまう人は・・・

デトランスα手足用で上の対処法を守っても、
どうしてもかゆみ、かぶれがひどい・・・
耐えられないという方が中にはいらっしゃると思います。
そんな方はテサランという制汗剤を使ってみることをおすすめします。

 

テサランは楽天・Amazon・ヤフーのランキングでも1位をとったことのある
人気の手汗専用の制汗剤で、子供や敏感肌の人にも安心して使えるように作られている制汗剤です。

 

デトランスαとテサランの比較記事が紹介してあるので気になった方はぜひチェックしてみてください。